労働時間のフレックスタイム制の導入

いわゆるフレックスタイム制とは、例えば1ヵ月の総労働時間を会社が決めておき、労働者は原則その枠内で出退勤を自由にできる労働時間制度です。一定の制約はあるものの、働く時間帯を労働者の選択にゆだねることが可能になります。
一般に従業員に時間管理をある程度任せた方が効率的になる職種が適していますが、コアタイムという必ず居なければいけない時間を設けることは可能です。また、会社全体でなく部門単位で導入することもできます。
実際の導入・運用には、就業規則および労使協定、また残業時間の管理等も必要ですので、良く確認したいところです。

記事をシェア/フォローする

セミナー等のご要望

↓↓こんなセミナーや情報が欲しい!というお声をお聞かせください。↓↓