多様な労働時間制度の活用

労務管理の改善の取り組みに労働時間の問題があります。最近話題になることの多い長時間労働(残業)、ワークライフ・バランス等の問題でも中心課題とされますね。いわゆる官庁や事務職のように朝から夕方までの常識的な勤務時間であれば、やはり時間外労働(残業)の削減・撲滅をする工夫が中心になります。

一方、サービス業やその他の現場の仕事等では勤務時間が多様または変則的なことが多く、場合によっては労働時間制度そのものから見直すことも必要になるでしょう。その際、変形労働時間制等を含む多様な制度を検討することになります。

また、将来的には最近目にすることが増えた時差出勤、在宅勤務を含むテレワーク、短時間勤務などを活用することが当たり前になるかもしれません。

 

記事をシェア/フォローする

セミナー等のご要望

↓↓こんなセミナーや情報が欲しい!というお声をお聞かせください。↓↓