社労士の手続業務について

なぜ手続き業務を依頼するの…?

労働・社会保険の手続は、複雑な制度も相まって多岐に渡っています。その実務に携わるハードルは高くはないものの、はじめの一歩はそれなりに大きな負担となります。
社会保険労務士は、労働社会保険諸法令の専門家として、その第一歩をスムーズに踏み出すためのサポートを行っています。(ちなみに、弊所では代表社労士が直接担当いたします。)

比較的ご依頼が多いのは、労働保険(労災保険・雇用保険)及び社会保険(健康保険・厚生年金)の新規の加入手続です。 その他の手続等も、下記を中心にこれまでご依頼いただいています。

ご依頼いただいている手続業務とは?

通常、弊所では以下のような手続業務を行っています。

≫手続業務の実績等

手続業務のご依頼方法は次のいずれかになります。

※スポットのご依頼は、スポット(コンサル)として承っています。
※一般的なご依頼の労務顧問契約についてはこちらをご覧ください。

 

記事をシェア/フォローする

セミナー等のご要望

↓↓こんなセミナーや情報が欲しい!というお声をお聞かせください。↓↓