労働時間の自己申告による管理

一般的に、また法的にも、事業主は従業員の労働時間を管理する義務があります。電通過労自殺の続報記事等でも問題とされているのは、労働時間の自己申告による管理です。
もちろん、会社側として、上司の承認やオフィスの入退出の時間とのズレ等を確認する対策は行っていたようです。しかし、この中身が問題であり、実際に労基署は入退出記録を元に労働時間の認定をしたとのこと。こうなると、制度と言うより上司をはじめとする組織の働く意識の問題なのかもしれません・・。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう