事業立ち上げ時の労働保険・社会保険

新しく会社や事業所を設立した場合の労務手続では、新規に労災保険・雇用保険、または社会保険関係の立ち上げが必要です。 多忙な事業主様に代わって、こうした手続きの一切を行える専門家が社会保険労務士(社労士)です。

 

専門家のノウハウでトータルな支援が可能に

弊所ではさまざまな企業様の労働・社会保険加入のお手伝いや日常手続きに関わっていますが、そうした専門家としての支援ノウハウを含めたトータルでの支援サービスを心がけています。

 

重要なプロセスに社労士がいること

特に、新規に保険関係を整備するということは、「その会社の人事労務の基盤を作る重要なプロセス」であることを踏まえ、社労士自身が直接担当することでそうした労務面のトータルサポートができると思います。

 

その後の安心も・・・

もちろん、その後のアフターフォローまで責任を持ったサポートが可能になることもそのメリットです。

 

◎事業の立ち上げ等に伴う新規適用関係のサポート
個別コンサルティング

 

◎立ち上げ後の従業員が3人以内の場合のサポート
会員(年間)サポート

 

記事をシェア/フォローする

セミナー等のご要望

↓↓こんなセミナーや情報が欲しい!というお声をお聞かせください。↓↓